隈研吾が見据える、未来の建築のあり方。

後編 変わってゆくことで、建築の可能性も、街の可能性も広がる。