2019.03.15

谷中日記

Vol.11 「新人のお庭番」    

3月より未来定番研究所に参りました。

古民家を改築し、細部にこだわった事務所の佇まいにいちいち感激しながらも、一番心を惹かれたのが

お庭でした。

 

この建物は、古き良き物は出来る限りそのまま残そうとする意欲と、それと同調させながらも、新たな可能性を融合させていく工夫に溢れています。

 

その象徴的なものが、このお庭です。

初めて事務所を訪れた際に、散り際を迎えていた白梅にかわり、今日は寒緋桜が花を開いていました。

四季折々、次々に花を咲かせる植物を、バランスよくお庭に散りばめ、この場所を訪れた人に、わずかな時間を楽しんで頂こうというおもてなしの心と、

発明の花が咲く事を祈願しているかのように感じます。

 

恐らく、私の経験からも、新しい発想、発見、発明というものは、一気に華々しく満開を迎えるのではなく、小さな花が、ポポと咲き、それを美しいと感じるのかもしれません。

 

卒業を迎えた学生が、新たな挑戦を迎える季節。

仰げば尊しの歌詞の「教えの庭」というフレーズを思い出し、この庭が、弊社で働く方々、そして私自身の学びの庭になるよう真摯に頑張りたいと思い、

まずはお庭番をさせて頂きます。

(未来定番研究所 出井)