TOP

FUTURE IS NOW

時代の目利きたちの“今”から未来を探るメディア

FUTURE IS NOW

未来問答 No.21つい時間を忘れて没頭してしまうことは何ですか?

2017—10—10

本屋で本を探す

本屋で本を探していると、思わず時間を忘れてしまいます。長野県に移住してからは、東京に住んでいた頃よりも情報に対する飢餓感を抱くようになって、特に本屋に足を運ぶ頻度が増えました。普段の休日はもちろんのこと、仕事や旅行で東京やそのほかの地方、海外に行った時は、時間の許す限り本屋に滞在します。最近は、店主独自のセレクトによる、古書と新書が混ざった個性的な本屋も増えていますよね。例えば、荻窪にある〈Title〉や京都の〈誠光社〉は、空間にいるだけでインスピレーションが沸いて楽しいので、機会があれば立ち寄りたい書店です。ネットで購入することもよくありますが、思いがけない本にたまたま出会える驚きや喜びは、実際に本屋に足を運ぶことの醍醐味だと思います。

1967年茨城県生まれ。大学卒業後、2年間の商社勤務の後、92年インディマガジン『Bar-f-Out! (バァフアウト!)』を創刊。TCRC設立。99年『Spectator(スペクテイター)』創刊。2001年、有限会社エディトリアル・デパートメントを設立。11年、編集部を長野市へ移す。
http://www.spectatorweb.com