TOP

FUTURE IS NOW

時代の目利きたちの“今”から未来を探るメディア

FUTURE IS NOW

未来問答 No.16旅先でつい買ってしまうものは何ですか?

2017—08—22

木彫りの民藝品

アフリカに通う前から、アフリカの民藝品には関心がありました。彫刻の技術や、色の使い方など、完成度が高い木彫りの民藝品は見つけたらつい買ってしまいます。ただ、現地ではお土産を野ざらしで売っていることが多いため、砂まみれだったり、蜘蛛の巣が張っていることもあります。その点、空港や首都など最先端の街にある民藝品のお店は綺麗な状態で売っているので時間があれば見に行きます。大体1体につき4000円から8000円くらいで売っていますが、過去に欲しかった民藝品は18万円もしました。しかし、大きすぎて郵送が難しいため日本に持って帰ることができず、その時は諦めました。

1986 年生まれ。独学で写真を学び、2009年より単身アフリカへ。以来、アフリカをはじめとする世界中の少数民族を撮影、発表。唯一無二の色彩と直感的な生き方が評価され、2017年には日経ビジネス誌で「次代を創る100人」に選出される。また同年には、講談社出版文化賞 写真賞を受賞。近著には、写真集『SURI COLLECTION』(いろは出版)、紀行本『ヨシダ、裸でアフリカをゆく』(扶桑社)がある。