TOP

FUTURE IS NOW

時代の目利きたちの“今”から未来を探るメディア

FUTURE IS NOW

未来問答 No.14あなたならではの、旅の必需品を教えてください。

2017—08—04

ワトソン・グプティルのスケッチブック

鈴木さんが20歳の頃からメモ帳として愛用しているというスケッチブック。LAMYの万年筆、黄色のsafariと合わせて使うのが定番なのだそう。

本に付いているISBNを取得している珍しいスケッチブックで、メモ帳代わりにして旅先で日記を書き留めています。皮のハードカバーでしっかりしているところが気に入って、20歳の頃から愛用しているんです。以前はアメリカのアマゾンで購入していたのですが、いつからか取り扱いがなくなってしまいました。イギリスの本屋さんにもコンタクトを取ったのですが、返信が来ず……、いっそのこと自分で代理販売をしようかな(笑)。旅先では誰しも詩人のようになってしまうと思うので、改めて見返すのは少し恥ずかしいですが、最終的にはこのスケッチブックを本棚に並べて、旅の歴史を残しておきたいと思っています。

東京生まれ。内装設計から店舗などのクリエイティブディレクション、イベント企画などを行う。
架空のパン屋「TAKIBI BAKERY」から始まり、過去の文献から紐解いた家具を再構築する「焚火工藝集団」を新たに立ち上げる。ジャンルにとらわれず、独自の世界観を表現している。設計からディレクションまで携わる、古道具から新しいプロダクト、カフェ、スタジオ、木工所が入る複合施設 CASICAが今秋、新木場にオープン予定。